O.G. Luminova® Hickory Linen Shirt

Out of stock

O.G. Luminova® Hickory Linen Shirt

Made with Hickory Indigo dye Linen (100%). Personalized as classic collar & Raglan sleeves.  The matched colors silk thread hand stitched. Used LumiNova® by NEMOTO & CO. LTD., Tokyo for our phosphorescent (glow-in-the-dark) buttons.  LumiNova® is free of radioactive substance and the world brightest phosphorescent material which used by Rolex and many other high end brand  watch manufacturers.
measure to order
麻インディゴ染め
国産の高級麻インディゴ染めのヒッコリーストライプ柄織りの布地です、(プリントではございません。)
厚さはシャツ地ほどで、カラーはインディゴブルー×生成りです。
チクチク感のない肌触りのさらっとした素晴らしい生地です
蓄光ボタンにはネモト・ルミマテリアルの「N夜光 ルミノーバ」を使用。Rolexなど腕時計の夜光塗料で世界シェア100%の蓄光剤です。
残光時間・残光輝度ともに世界一、しかも放射性物質や有害物質を一切含んでおりませんので安心です。
Category: Tag:

Since the 1850s, tens of thousands of immigrants from Japan came to Hawaii as contract workers of the sugar and pineapple industries. Japanese migrants were still wearing Kimono that was brought from Japan. When the Kimono was worn out,They remade it for thier kid’s shirts.

The shirt was born from the heart of the *Mottainai. It probably looked as fresh and exotic kimono distinctive colors and patterns for local people and reflected in the very stylish. The begining of 1900, Local people started to make the shirts/ products used kimono or yukata fabric.

Since 1935, the US economy will continue to gradually recover from the recession of the Great Depression. At the same time, more people of the United States mainland they visited to Hawaii as a tourist. Aloha shirts had become popular not only in Japanese descent but also among Hawaiian too, When the tourists who came from the States saw the shirts and purchased as a souvenirs and brought it back to the States becoming gradually spread as Hawaii specialty, it became the roots of the current “aloha shirt”.

*Mottainai/もったいない is a Japanese term conveying a sense of regret concerning waste. The expression “Mottainai!” can be uttered alone as an exclamation when something useful,

1850年代、砂糖やパイナップル産業の契約労働者としてハワイへやってきた日本人移住者たちは、日本から持参した着物をとても大事に着まわしていました。そして、いよいよ擦り切れて着物としての用を足さなくなったとき、それをなお有効に活用するために、使える部分を子ども用の※パラカ風シャツに仕立て直して子どもたちに着せていたといいます。
*もったいない の心から生まれたそのシャツは、着物独特の色や柄が現地の人々にとって新鮮でエキゾチック、とてもオシャレに映ったのでしょう。1900年代のはじめに、そうした着物地のシャツを見た現地の人々が、それを真似して市販の着物や浴衣の生地でシャツを作って着るようになったといいます。

1935年以降、アメリカ経済は大恐慌の不景気から徐々に回復していきます。それと同時に、アメリカ本土の人々が西海岸からハワイに観光で訪れる数が増えていきました。日系人だけでなく、現地ハワイアンたちの間でも親しまれるようになっていたアロハシャツですが、それを見た米国本土からの観光客たちは、ハワイを訪れた記念として買い求め、本土へ持ち帰るようになりました。そうやって、着物地のシャツはハワイ名物として徐々に広まっていき、現在の「アロハシャツ」のルーツとなったのです。

※パカラシャツは、ハワイでアロハシャツ(ハワイアンシャツ)以前に一般的であったシャツ。

19世紀から20世紀にかけて日系移民を中心とする農園労働者たちが着ていたチェック柄の作業服のこと