Yukata The One and Only Cotton Candy Set Pink

$500

Yukata The One and Only Cotton Candy Set Pink Indian Woven Cotton with Japanese Denim (cotton 100%) Nagoya-Obi (w/ hand stitch embroidery at the bottom) & Leather 4 Plait “Round” Braid Obi-Jime. The collar is wider than regular sized Yukata, also the sleeves are rounded so even a petite size woman can wear this Yukata with the desired effect. Natural materials 《cotton, linen 》 of Yukata must put on slip underneath. You can add perspiration absorbing cloth lining below “Hashori” (Edge bend) an option.
measure to order
世界でたったひとつの浴衣一式
しっかりとしたインディアンコットンの織地の浴衣に日本製のデニムで仕上げた帯(ワンポイントの刺繍入り)に革紐4本編の帯締めの3点セットです。袂は短めで丸みを帯びているので背の低い方も格好良く着られます。自然素材の浴衣《綿や麻》は、どうしても足捌きが悪く1枚では着崩れしやすいので裾よけを巻かなければなりません。オプションで汗を吸って素早く乾く夏用の裏地をお端折りの下から付けることも可能です。*裏地を付けると裾よけなしで1枚で軽快に歩けます。 身長、体型に合わせてお仕立て致します。

Yukatabira” as known as “Yukata” used to be worn by japanese people in Muromachi period until the beginning of Edo Period as Pajama or bathrobe. People even worn Yukata for when they were taking a bath( They only have steam sauna bath back then)Yukata-Summer-Cotton-Candy-Denim-Obi-Pink-Cotton-Set-Dec0eightThose Yukata were made by hemp fabric because easy to soak sweat and also they wring water out of yukata and wipe their body then wear it again.

The end of Edo period townspeople culture has been developed and they started to open up the public bath places which as spa these days. People started wear Yukata as bath robe and they also became go home with Yukata and changed into outdoor wear. The fabric has been changed to Cotton from hemp as well.
In between the Edo townspeople, They set the fashion as making gorgeous patterns, and also they go out in yukata matching, such as Ohanami (partying under the Sakura tree) and Bon Odori (Traditional Festival dancing) is prevalent, people and imitate the costumes Kabuki actor wore on stage was very in styled.

So Can I sugguest Bon Odori = Pajaya Party?

After world war 1, We Japanese people tend to Yukata also absolute temporary with Kimono due to westernization But Yukata reviewed again as Fashion as a “Fashionable Clothes of Summer” between the young Japanese women and men and also kids in recent years.

Heko obi (兵児帯 , “soft obi”?) is a very informal obi made of soft, thin cloth,[6] often dyed with shibori.[8] Its traditional use is as an informal obi for children and men,[8][12] and there were times when it was considered totally inappropriate for women. Nowadays young girls and women can wear a heko obi with modern, informal kimono and yukata.

今では、夏のおしゃれのひとつとして定着している浴衣。しかし、江戸時代までは、浴衣は決して人前では着てはいけない着物であったという。
浴衣のもとになったのは、「湯帷子(ゆかたびら)」という名の着物。帷子(かたびら)は麻で作った肌着を指し、それを入浴のさいに使ったから湯帷子というそうだ。
昔は多くの人が湯屋すなわち銭湯で入浴したが、その銭湯も室町~江戸時代初期には今のように湯船と洗い場に分かれたスタイルではなく、もうもうと湯気が立ち込める蒸し風呂だった。そこに帷子を着たまま入り、その上から湯をかけて汗を流したのである。さらに入浴後、湯帷子はさっと絞って身を拭く手拭(てぬぐい)代わりにもなったという。
つまり、今の用途でいうと、浴衣は入浴用水着兼バスタオル。それがのちに、ユカタビラを縮めてユカタ、入浴の

【身長・ヒップサイズ・裄】をお測りください。身長/Heightご身長は通常、ゆかた・着物の身丈の長さになります。ヒップサイズ/Hipヒップのいちばん大きい部分を測ってください。お洋服の上から測っても大丈夫です。ヒップサイズから、ゆかた・着物の身幅寸法を割り出します。柄合わせや、裄の長さにより、多少広めに仕立てる場合もございます。裄「裄」とは、首の後ろのぐりぐりから、手首のぐりぐりまでの長さです。メジャーを用意し、お友達、だんな様などに測っていただきましょう。

さいに着るから「浴衣」という字を当てるようになったそうだ。江戸時代になり、町人文化の発展にともなって、ゆかたも進化してきました。浴衣が庶民の間にひろがったのは江戸後期に風呂屋が普及したことによります。このころは風呂には裸で入るようになっていた。だから浴衣もはじめは湯上りの汗をふき取るために、今のバスローブのように風呂屋の2階などで着ていたものが、次第にそのまま着て外へ出るようになり、下着から外着へとその用途を変えていきました。生地も木綿に変わってゆきました。江戸町民の間では、盆踊りや花見などに揃いのゆかたで出かけることが流行し華やかな文様が生まれ、また、歌舞伎役者が舞台で着た衣装を庶民が真似るなどしたことでゆかた文化が江戸に花開きました。最近では若い女性の間で「夏のおしゃれ着」として流行しています。着物からは縁遠くなってしまった現代ですが、ゆかたは夏の風物詩としてまだまだ健在であるといえましょう。浴衣は「身拭い」(みぬぐい)から「バスローブ」になり「夏の晴れ着」になったわけですね。となると、盆踊りは今でいうパジャマパーティーになるのでしょうか?